bekostation

Unityでゲーム作ってます

年末の余興会でビンゴするから作ってと言われ急いでビンゴマシーン作りました。

年末の余興会でビンゴするから作ってと言われ急いで作りました。

 

BINGOMACHINE | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

 

 作り方

先ずビンゴマシーンのカゴから作成しました。

Blenderで球体オブジェクトに玉を排出する用の穴を開けます。

また、球体の面を裏返し内部にコライダーがセットできるようにします。

f:id:bekotaizi:20171227100446p:plain

 

次に、ワイヤーフレーム機能を使って枠だけにします。

f:id:bekotaizi:20171227100550p:plain

 

その後、UnityにimportしてMeshコライダーをセットしました。

 

 

次に、RigidbodyをセットしたSphereオブジェクトを75個と

以下の画像のような75枚のNumberテスクチャを用意しました。

f:id:bekotaizi:20171227100902p:plain

 

そして、 transform.RotateとInput.GetMouseButtonDownを使用し

右クリックを押してる間ビンゴマシーンが回転するようにしました。

 

 

また、OnMouseDownを使用し。

排出された玉をクリックすると番号が表示されるようにしました。

 

f:id:bekotaizi:20171227115638p:plain

 ビンゴカードは余興会までに間に合わなく用意してもらいました(´・ω・`) 

 

 

 

 左右の壁、ビンゴマシーンのカゴのテクスチャ画像には以下のアセットを使用しました。木目調のテクスチャ画像です

  

 また、ゲーム全体のBGMには以下のアセットを使用しました。

ファンタジーの草原って感じの爽やかな雰囲気の音楽アセットです。

 効果音には以下のAsset使用しました。

 

ゲーム全体のUI画像は以下のアセットを使用しました。

ファンタジーにピッタリな羊皮紙調の画像テクスチャがセットになってるAssetです。

 また、ゲーム全体のFontとして以下のAssetを使用しました

 

 

 

デフォルトのスカイボックスですと寂しいので以下のAssetを使用しました。

 

 

今回もTitleの機能とサウンドマネージャーとして以下のアセットを使用しました。

 

 

拡張Asset

プロジェクト完成後に不要になったアセットをスッキリ綺麗にしてくれます。便利。

 

エディタの緊急停止ができるようになるアセットです。通常ですとUnityエディタが固まってしまうと強制的に再起動しないといけません。しかし、このアセットのお陰でそんな状況も回避できてハッピーです。 

 

 ファイルにお気に入りマークが付けられるようになるアセットです。ファイルが増えてくると判断も大変になってくるので、このアセットがあればデータの管理もしやすくなり大変便利です。

 

プロジェクト内のファイルやエディタの命令を検索してくれる、機能が追加されるAssetです。便利。

 

 プロジェクト内のファイルやエディタの命令を検索してくれる、機能が追加されるAssetです。便利。

 

transform機能が超強化されるAssetです。

自動接地機能や45,90,180度回転のボタンの追加など、

便利な機能が盛り沢山。たったの$10買わない手はない。

  

 最近使用したSceneの一覧が表示できるようになるアセットです。

頻繁にSceneを移動したり探したりして編集する時に本当に助かります。

 

 

結果的に余興会のビンゴは盛り上がりました(・∀・)ウホホホッ