bekostation

Unityでゲーム作ってます

スーパーマリオ的な横スクロールアクション作ったよ(*^^*)「PixelBoy2」

マリオみたいなミニ横スクロールアクションゲームリリースしました。

PixelBoy2 | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

 

 

スーパーマリオ的な横スクロールアクションこと、

プラットフォーマーゲームが作りたくなったので作りました。

 

 いやー意外と作るのが難しかったです。

 

そして今回お世話になったのがこちらの本、

いたのくまんぼうさん監修のUnityの教本です。

 

通称「和尚本」

 

今回はこちらのサンプルゲームのプログラムを参考に作成いたしました。

 

 

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

https://www.amazon.co.jp/dp/4844366777/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_IWMlAbG5VMG81

f:id:bekotaizi:20171211202742p:plain

 

 

 1日目

和尚本をじっくりと読みました。

横スクロールゲームは他にも作っていたことがあったので直ぐ理解できました。

f:id:bekotaizi:20171211212843p:plain

 

二日目

ドット絵アセット探し、導入。

 

今回のドット絵アセットは以下の物を使用しました。

 ドット絵のヒットエフェクトがセットになってるアセットです。

今回は敵を踏みつけたときのヒットエフェクトとして使用しました。

 

 ドット絵の足場や、敵の画像などがセットになってるアセットです。

今回は各ステージの背景の画像として使用しました。

 ドット絵のキャラやステージがセットになってるアセットです。

今回は主人公の画像とステージの足場、トラップ用のトゲの画像として使用しました。

 ドット絵のキャラやステージがセットになってるアセットです。

このアセットからはアリの画像と地面のタイルマップ用の画像、

背景の雲と山の画像、ゴールフラッグの画像として使用しました。

 ドット絵のキャラやステージがセットになってるアセットです。

今回は足場の画像と鳥の敵の画像と敵の弾丸の画像として使用しました。

 ドット絵のキャラやステージがセットになってるアセットです。

今回は砂漠のステージの画像として足場の画像と背景の画像、花の敵の画像として使用しました。

 ドット絵のキャラやステージがセットになってるアセットです。

今回はステージ6の足場、水の画像、背景のヤシの木の画像、ステージ5の足場の画像として使用しました。

 背景や足場の画像がセットになってるアセットです。

今回はステージ5の背景の鉄骨の画像として使用しました。

 ドット絵の空の画像がセットになってるアセットです。

今回はタイトルの背景の画像として使用しました。

 ドット絵のプラットフォーマー用の素材がセットになってるアセットです。

今回はこのアセットからタイトルのUIイメージ画像、ステージのコインの画像として使用しました。

 ドット絵のUIボタンがセットになってるアセットです。

今回はステージクリア時のテキストのバックイメージ用の画像とステージセレクト時のボタンの画像として使用しました。

 

三日目

プログラム 

 先ずタイトル機能とサウンドマネージャー機能として以下のアセットを使用しました。

 お馴染み、タイトル機能とサウンドマネージャー機能がそろってるアセットです。

今回もタイトル機能とBGMの切り替え機能のプログラムとして使用しました。

ノンプログラミングでサクッと使えます。

更に、ステージごとにBGMを再生できるように変数を増やしました。

 

 

 次にタイトルロゴのテキストとして以下のアセットを使用しました。

 いつもおなじみ神ツール、テキストが超綺麗に表示されるアセットです。

 

 

次に敵の移動やステートの制御に以下のアセットを使用しました。

 

 様々なアニメーションや移動、などのプログラムの命令が実行可能になるアセットです。またProバージョンなのでマウス一つで敵の移動動作の設定ができるビジュアルスプリティングができます。

 

今回は敵の移動や動く床などのギミックのプログラムとして使用しました。

作り方は、左クリックで動かしたい軌道を描くだけ。神。

 

主なスクリプトのクラス設計とか

 GameManager・・ゲーム全体のシステムの管理。セーブデータなど。

PlayerManager・・プレイヤーの移動やアニメステート、当たり判定などの管理。

EnemyManager・・敵の挙動やアニメステート、の管理

MainCameraManager・・カメラの追尾などの管理

OrbManager・・・コイン取得時の得点加算管理

StageSelectManager・・・ステージセレクト時の管理

 

 BGMとSE音 

 8bit調のBGMがセットになってるアセットです。

今回はタイトルBGMやゲームステージのBGMとして使用しました。

 

 

こちらも8ビット調のBGMです、こちらも各ステージのBGMとして使用しました。

 

 8bit調の効果音がセットになってるアセットです。

今回はコイン取得時やジャンプ時の効果音として使用しました。

 こちらも8bit調の効果音がセットになってるアセットです。

こちらのアセットからはタイトル画面のSTARTボタンを押したときの効果音として使用しました。

 

また。ステージクリア時BGM、ゲームクリア時BGMはこちらのサイトからお借りしました。

pansound.com

 拡張エディタアセット

 アセットを追加していくと使用されてないファイルが増えていきます。

そんな時にこのアセットを使用すると不要なファイルを判断して削除してくれます。

 結構なデータの削減になります。

 

 こちらも、おなじみエディタ拡張ツール。

transform機能が超強化されます、

自動設置システムや固定回転角ボタンなど様々な機能が追加されます。

 

 こちらも、おなじみ拡張アセット、hierarchyビューが超強化されるアセットです。

今回は頻繁にタイルやモンスターPrefabを置いたりしたので拡張機能の表示非表示機能が凄く便利でした。

 

 Prefabの中に更にPrefabを入れ子にすることができるアセットです。

今回の場合でしたらStageBaseって名前のPrefabの中に更にステージオブジェクトのPrefabを入れ子にして管理したりしました。便利。 

 

通常Inspector上で直接scriptの編集が出来るようになる拡張アセット です。エディタ開く時間が短縮でき開発速度が上がります。補完機能もバッチリ。 凄い。 

 

 Unityエディタの命令やプロジェクト内のファイルが高速参照できるようになるウィンドウ機能が追加される拡張アセットです。 凄く便利で助かります。

 

 自分が気に入ったアセットにお気に入りマークがつけられるアセットです、沢山のファイルの中に埋もれてしまいそうな時このアセットを使用してお気に入りマークを付けておくと大変便利。 これも定番アセットとして使用しています。

 

 自分が気に入ったアセットにお気に入りマークがつけられるアセットです、沢山のファイルの中に埋もれてしまいそうな時このアセットを使用してお気に入りマークを付けておくと大変便利。 これも定番アセットとして使用しています。

 

 

 フォルダのマークやアイコンを変更できるアセットです、例えばSoundフォルダはスピーカのアイコン、Imageフォルダは赤色と言ったような使い方ができます、抜群にフォルダが管理しやすくなるので本当にお勧めです。

 

 緊急エディタ停止ボタン。

無限ループバグや大量のオブジェクトをInstanceなどをしてエディタが

固まっても強制終了できるようになります。絶対に導入すべき。

 

四日目

このブログを書いてる。

 

作り終えての感想

やっぱり好きなジャンルの作品を作るのは楽しい。

今回はAddForceで挙動を管理したが、

急にありえないぐらいの力量が発生することがあるので、

力量を制限するプログラムを書くか、メインの挙動には使わずに作成した方が良い。

 

次回の目標

次はUnity公式の3Dアクションゲームの作り方講座が$15で買えるので、それを見ながら3Dハックスラッシュゲームの作成。