bekostation

Unityでゲーム作ってます

脱出ゲーム作りました「侍ルームからの脱出」※制作の解説とネタバレ有りなので作品をプレイしてから見てほしいす(^o^)・・

 

侍ルームからの脱出 | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

f:id:bekotaizi:20171207182319j:plain

 

以下今回のゲームネタバレ付き制作ブログ

 

制作1日目

良さげな部屋のアセットを見つける。

僕「おっwwこれは余裕、勝利確定でござるなww

いっちょ脱出ゲームでも作りますかww」とこの頃は余裕をかましてました。

f:id:bekotaizi:20171207183123p:plain

ちなみに、上の写真はPost Processing Stackを使用して少し加工してます。

 

次にUnity公式アセット、Recorderを使用してゲーム画面をスクショ。

こうすることで3Dモデルを2D画像として使用できます。でも、正直くっそ作りづらかったので次からはやりません。

f:id:bekotaizi:20171207183522p:plain

 

 

※ちなみに同時にスクショ大会の写真取ったり、別のゲームも作ってた。

 

 

 

二日目

スライム落とし | 無料ゲーム投稿サイト unityroom 

をリリースする。

f:id:bekotaizi:20171207184602p:plain

 

三日目

素材探しをしてた

 

四日目

ドアを作成するだけで終了・

f:id:bekotaizi:20171207185221p:plain

 

使用したアセット

ドアの外枠木にはこちらのアセットを使用しました。

 ドア及びアニメーションにはこちらのアセットを使用しました。

 

5日目

部屋が気に入らないので作り直すことにした。

 

まず、Quadを四枚用意します。

f:id:bekotaizi:20171207192951p:plain

 

 次にマテリアルテスクチャを貼っていく。

 

f:id:bekotaizi:20171207193025p:plain

 

Pack Gesta Furniture #1に元から付属していたマテリアルと

 

Surfaces Liteというアセットのマテリアルを使用しました。

 

そして作成した部屋を、Recorderを使用し撮影し2D素材として変換。

 

 

5日目

UI素材の作成

こちらのアセットを使用してGUI画像を作成していく。

 

3Dオブジェクトでも上手いことやればUIアイコンとして加工できる事に気がつく。

f:id:bekotaizi:20171207193516p:plain

部屋移動用ボタンには以下のアセットの画像を使用しました 

 

GUIデザインの完成

f:id:bekotaizi:20171207193555p:plain

 

脱出ゲームギミック:西を向く侍

イケメン侍のモデル。

 イケメンのままでも良かったのだが、仮面つけたら更にかっこよくなるんじゃね?

って事で狐の面も追加

 

そして、仮面をつけた侍の待機アニメーションをRecorderでコマ撮りして2DSprite化

(120枚ぐらいになった、大変無駄)

 

西を向く侍の完成(ギミックの使い道は後ほど)

 

6日目 ※地獄の徹夜作業日

先ずはゲーム全体を管理するGameManagerクラスを作りました。

通称、神クラスです全て彼が管理してます。

 

GameManager・・キーアイテムを所持してるか確認、効果音を鳴らす、アニメーションを再生する、部屋の方角を管理する、シーンを移動する。など様々な機能を持ってます、クソ設計バンザイ。

 

今回のメインSEは以下のアセットを使用しました。

その他にも以下のサイトよりSE音をお借りしました。

soundeffect-lab.info

 

次にWebGLでは通常のフォントだと日本語表示ができないので日本語表示が可能なフォントを用意します。

 

次に東西南北の文字を飾る額縁オブジェクトを用意します。 

 

こんな感じになりました。

f:id:bekotaizi:20171207204342p:plain

 

脱出ゲームギミック:鍵の入ったタル

 この部屋から脱出するためにはこの樽の中に入ってる鍵を取り出さなければ行けません。その為にはロッカーの仕掛けを解いて斧を手に入れなければいけません。

 

※以下の3Dモデル達は全てRecorderでコマ撮りして2DSprite化してます。

(正直無駄な作業だったと思ってる)

 

タルの3Dモデル

 樽を破壊した時のアニメ画像

タルを破壊したら手に入る鍵の3Dモデル

 斧未取得時

f:id:bekotaizi:20171207204452p:plain

 

 斧取得時

破壊エフェクトアニメ再生

f:id:bekotaizi:20171207204904p:plain鍵取得f:id:bekotaizi:20171207204742p:plain

 
 
脱出ゲームギミック:ロッカーと暗号とデーモンアックス

ロッカーの3Dモデル

 ロッカーギミックを解くと手に入るキーアイテム 

番号ボタン用オブジェクト

 

関数作成

配列でボタンを12個用意して各ボタンの用の変数を渡す関数の作成

、オンで緑の画像、

オフで白の画像に変化といった形で実装しました。 

 

 

※ギミックの答え

実はこの番号は1月から12月を表してます。

そして、北側の部屋に西を向く侍が居ましたね??

 

西を向く侍・・月・・

つまり一ヶ月30日以下の月

2、4、6、9、11

の番号がオンになっていたら正解です。

ちなみに処理はif文でゴリ押しで書きました(´・ω・`)

f:id:bekotaizi:20171207203138p:plain

 

 

 

タイトルシーンの作成

 シーン移動には以下のアセットを使用しました、もうおなじみですね。

画面上に置くだけでシーン推移機能の完成。神。 

 次にGame Jam Menu Templateに付属しているサウンドマネージャー機能に以下のBGMアセットをセットします。 

 

 後は手持ちの画像をちょいちょいとアタッチしてタイトル画面を作成します。 

f:id:bekotaizi:20171207210647p:plain

 

 

 そしてこのタイトルとボタンのフォントに注目して欲しいのですが、

白く縁取りしてあるのが分かりますか??

通常のTextですと表現できませんが、TextMeshProを使用して表現してみました。

 

次にクリアシーンの作成です

 

先ず以下のアセットをスカイボックスマテリアルとしてアタッチして、

更に何故かRecorderで撮影して2D画像に変換しました。

普通にスカイボックスのまま使用しても問題なかったのに、

何故そんなことをしたのか自分でもよくわかりません。

 

後はTextMeshProとUI素材を使用して完成させます。

 

f:id:bekotaizi:20171207210912p:plain

 

 

 

 長く苦しい戦いだった・・

 

 

 

拡張アセット

 

 

 

今回沢山のアセットを使用してしまったので

不要なアセットファイルが溢れてました、そこでこのアセット

Asset Hunter 2を使用します。

するとファイルサイズが500MBも減りました。やばい。

 

 

 次に現在表示されている画像のSortingLayer順がわかるアセットを紹介します。

 

f:id:bekotaizi:20171208114059p:plain

 

 今回のように一つの画面に複数の画像が並んでいるとレイヤーの関係性がわからなくなってしまします、そこでこのアセットを導入するとレイヤーごとの画像一覧を表示してくれるので大変便利です。 また表示、非表示の管理もできます。

 

最近開いたシーンを対応ショートカットで開いてくれるアセットです。

シーンの移動って頻繁に行うと思いますが、

その時に一々シーンを探してたら大変ですよね、そこでCtrl+Shift+Oを押すと。

f:id:bekotaizi:20171207212535p:plain

 こんな具合に最近使用したシーンを表示してくれます。

無料の癖に便利すぎる。

 

 

拡張アセット 緊急エディタ停止ボタンです、今回はこのボタンにお世話になることはなかったですが。いざ!という時に頼りになります。Unityが固まってしまい、泣く泣く再起動してデータ喪失・・などの事故も防げます。絶対に導入すべき。  

 

 拡張アセット アセットにお気に入りマークがつけられるようになります。 例えば沢山の音声ファイルの中から目的のファイルを探そうとしたら一苦労です、しかし何度も使うファイルにお気に入りマークをつけておき、探しやすくする。っといった使い方もできます。

 

拡張アセット Unity内の全てに高速アクセスできるようになります。専用のショートカットキーを押すと検索窓が出現し、Unityエディタの命令やアセットの検索などをしてくれます。神アセット。

拡張アセット Prefabの中にPrefabを入れ子供オブジェクトにできるようになるアセットです。くっそ便利、多分伝わらないと思いますが。 くっそ便利、だってPrefabにPrefab入れて親子関係にできるんですよ!!言葉では上手く言い表せないですが、とにかくすごい( ^)o(^ )

拡張アセット Hierarchyビューが超強化されます。あー神アセット。 特に今回みたいな脱出ゲームのでは頻繁に表示、非表示の操作をするのでそれらが簡略化されるのは大変うれしい。 ちょっと高いけど買ったほうが良いです(^o^)・・

 拡張アセット Transform関連が超強化。回転や移動、スケール調整の機能が超強化。やばい、凄い。これが$10ですよ!! 絶対買うべき!!

 拡張アセット 通常Inspector上ではscriptの編集はできません。専用のエディタ開いてジッと待つしかない、ほんの僅かな修正でも。 ところが、このアセットを導入するとなんと直接Inspector上で編集可能に、補完機能もバッチリで開発速度が上がります。 凄い。

 フォルダに自分専用の画像や色がつけられるアセットです。 例えば絶対に消したくないフォルダに注意マーク貼るとか、メインで使うフォルダの色を変えるとか、地味に便利です。 おすすめ。

 

 

いやーーーー

思ってたより時間かかってしまった。

 

次はスーパマリオみたいなの作りたいです

 

 

※ 使用アセット数えたらかなりの数になってしまったけど。

大真面目に作った結果こうなってしまいました・・

本当に・・本当に。水増しとかじゃなくて

必要なもの入れたらこうなったんすよ・・許してください(´・ω・`)・・